のんびりマンの射精禁、生活改善

オナ禁3年経験。堕落してしまった生活を反省し、射精禁や生活改善や健康や宗教等について。夢精以外の射精は0日からにします。地球をくつろぎましょう。

逃げるというサバイバル方法 190日目

戦う

魔法

道具

逃げる

 

仕事にしても、友人関係にしても過剰なストレスを抱えていたら逃げましょう。

勿論向いているなら幸せな事ですし、やめる必要ないでしょう。

しかし、仕事のせいで死にたいと思ってるなら向いてないのではないのではないしょうか。

逃げる事は恥ずかしくはありません。生きるために備わった方法です。

実は逃げるというのは勇気がいる行動です。

 

そもそもボロボロになりながら頑張ってもあと5年10年先その会社があるとも限りません。

教授によれば5年10年後は自分の仕事がなくなるのが当たり前の時代がくるそうです。

その時に残るのはボロボロになった自分だけです。

何がリスクでしょうか。

 

 

日本ではAIにより10年後20年後くらいに49%の仕事はなくなると言われています。

現在でもすでにアメリカではイエローキャブという大手タクシー会社は新しいスマホアプリを使った会社の出現により潰れました。

この新しい会社には今までと違い配車、経理、総務、整備が必要でなく、存在しません。

必要なのは開発と営業だけです。

仕事が無くなった大手タクシー会社の人達が抗議しています。

アプリを使った素人の運転手がタクシーより安い料金で便利に自分の車で稼ぐようになりました。

 

 

つまり大手だろうが関係ないという事です。

こういった波はあらゆる業界で起きるでしょう。

 

オナ禁もエロと戦うのではなく、エロから逃げる方法の方がうまくいくはずです。

エロを見ながら戦うより、エロを見ない、つまり逃げる方法が有効です。

 

“仕事がない世界”がやってくる!? - NHK クローズアップ現代+ 

【過労自殺】『死ぬくらいなら辞めれば』ができない理由」イラストレーターの漫画に反響 - 産経WEST